FC2ブログ

ナゴヤハローの これ聴きたい!!音盤チェックリスト

日々リリースされる大量の音盤情報を自分の為に勝手にメモる忘備録ブログ。んなもん公開すんなよ(笑)

10 EASY PIECES FOR PIANO

10easy_piecess.jpg

またまたオラシオさんのブログで紹介されてた1枚。
ポーランドのクシシュトフ・キェシロフスキ監督作品の音楽で知られるズビグニェフ・プレイスネルのピアノ小品集。
まあわたしごときがつらつらとなんぞ書くよりオラシオさんの記事を読んでいただければ誰もが聴きたくなるでしょう。
私はさっさくamazonにオーダーしちまったー。
スポンサーサイト

COVERS

coverss.jpg

私のJ-POP嫌いは知る人には有名でして、レコ屋へ行っても日本のコーナーはまず素通りします。別に音楽的に劣ってるから、とかそーゆー理由ではなく単に人が群がってるから、というのが大きな理由やったりしますが(笑)
でも実際耳に残る楽曲ってほとんどないなあ。いま流行ってる曲が100年後まで語り継がれるかというとまずないやろなあ、と思う。(そーゆー「使い捨て」的なところも嫌う理由のひとつ)

で、間違いなく100年後も残ってると断言出来るのがキング・クリムゾンのデビュー・アルバム「クリムゾン・キングの宮殿」なんやけども、最近このアルバムのB面1曲目「Moonchild」をカヴァーした日本人アーティストが今回紹介するFayrayというお姉さん。
なんかTVで名前聞いたような気もするんやけど、ルーツに60'sや70'sロックがあるそうで、今回出したアルバムはそのあたりの曲のカヴァー集なんですと。
クリムゾンの他にもフリートウッド・マックやらジミヘン、ニール・ヤングなどをカヴァーしとるようです。
正直カヴァーもんにはガックシさせられることが多いんですが、どうしようかな…。

The Weeping Meadow ~エレニの旅~

weepings.jpg

今日見てきました。

相変わらずええ画をとりますわ。このおっちゃん。アンゲロプロスにしては暗示的な部分も少ないように思い、かなりわかりやすい映画やったかな。
音楽家が物語の中核ということもあって、今までの作品以上に音楽が印象的でした。
国内盤、廃盤にならんうちに入手しとかんと。
ただ、後半はトイレに行きたくなって(笑)なかなか映像に集中でけんかったんがなによりも悔しい。もしもっかい見る機会があったらオムツはいて観ようと思います(爆)

あとブズーキ奏者としては、あの時代に8弦4コースのブズーキはないぞっ、とツッこんでおこう。(いやだねぇー楽器オタクは…)

ΔΕΝ ΓΥΡΙΖΩ ΠΙΣΩ

den_girizo_piso.jpg

ヨルゴス・ダラーラスハリス・アレクシーウと並ぶギリシャ歌謡御三家のひとり、ヤニス・パリオスの新譜。
アンドーニス・ヴァルディスが作曲の上、初回盤はDVDがついとるということなら買わん理由はありません。
それにしても今年はヴァルディスが元気やなあ。

COR DE PORC

cor_de_porcs.jpg
スペインのL'HAM DE FOC、待望の3rd。とかいいながら前作は入手しそびれてたりすんねんけど(笑)。
汎地中海~アラブ音楽をベースにブズーキやサズ、ジュンブッシュ、シタール、ハーディーガーディーなどを駆使して製作された'99年の1stはかなりええ出来やったんで、期待値はそーとー高いんやけど…。
6月下旬には日本盤も出るらしいんで、そっちを買おうと思います。

ΧΟΡΟΙ ΤΗΣ ΕΛΛΗΝΙΚΗΣ ΑΝΑΤΟΛΗΣ

gouventas.jpg
サヴィナ・ヤナトゥのレギュラー・バンド「Primavera en Salonoco」のヴァイオリニストでもあるキリアコス・グヴェンタスによるトラッド・アルバム。「primavera~」からは他にハリス・ランブラキス(ney)、ヤニス・アレクサンドリス(g)も参加。

詠時感~時へのロマン~

asias.jpg
まあいわずと知れた(最近の人は知らんか…)エイジア、'82年の超ヒット1stアルバム。
リアルタイムでは「Heat of the moment」しか聴いてなかったけど、'85年にU.K.→イエス、と来てその流れで1stを購入。プログレではなかったかも知らんが曲の極上さは格別で当時のヘビロテアルバムでした。でもこの時はカセット(死語か!?)で購入したんですな。聴くのは主にウォークマン、ということがほとんどやったので。それから20年後の今年7月に紙ジャケの進化形、でかジャケなるものがリリースされるっちゅーことでこのエイジアの1stもラインアップに入ってるので、この際20年越しで買っちゃおうかな、などと思ってます。(後になってカセットよりもLPの方が欲しなった、なんて思い出があるのです)

ΠΟΤΕ ΟΠΩΣ ΠΡΙΝ

pote_opos_prin.jpg
マノリス・ファメロスの2枚組新作。去年ヤニス・コツィラスのアルバムでほんまにええ仕事してたファメロス、今度のアルバムはとにかくゲストがスゴい!!
ハリス・アレクシーウ、ヤニス・コツィラス、エレーニ・ツァリゴプール、タニア・ツァナクリドゥ、アルキノース・イォアニーディス、ディーミトラ・ガラーニ、メリーナ・アスラニドゥ、スタースィス・ドロゴシス、ラヴレンティス・マヒェリツァスなどなどまるでギリシャ紅白歌合戦状態(笑)。これを買わんでギリシャファンは名乗れませんて。

Ο ΚΗΠΟΣ ΤΩΝ ΕΥΧΩΝ

o_kipos_ton_evhon.jpg
ギリシャ人テノールとしては日本では一番有名!?と思われる(なんせここ2作はソニー・クラシカルから日本盤も出とるからなあ)マリオス・フラングーリスのリリースほやほやの新作。管楽器奏者でもありプロデューサーでもあるスィミオス・パパドプロスや、なんと!!ステファノス・コルコリスが作曲に参加しとる模様。そのうえマノリス・リダーキスとのデュエットもあったりの豪華盤。
うーん、はよ聴いてみたいけど国内盤出るのを待つか!?