ナゴヤハローの これ聴きたい!!音盤チェックリスト

日々リリースされる大量の音盤情報を自分の為に勝手にメモる忘備録ブログ。んなもん公開すんなよ(笑)

ΚΙΘΑΡΑ ΤΟΥ ΣΕΛΗΝΟΦΩΤΟΣ

kotsioliss.jpg
ギリシャの代表的なクラシック・ギタリストΚΩΣΤΑΣ ΚΟΤΣΙΩΛΗΣ(コスタス・コツィオリス)の'97年リリースのアルバム。
ピアソラやジスモンチ、ブローウェル等をやっとるらしい。

スポンサーサイト

ARTOSTAN

artostans.jpg
アルメニア人パーカッショニストArto Tuncboyacianの新作ソロ。文字通りの「ソロ」だそうな。

Feels Good to Me +1

fgtms.jpg
我が家の名盤5選のひとつであるBill Brufordの1stソロ「Feels Good to Me」がリマスターの上ボーナストラック付で出た!こいつに出会ってはや20年。初めてCD化された時は会社休んで買いに行ったっちゅうねん(笑)。
でもどうせボートラつけるんなら「Either End of August」の完全版を収録して欲しかった…。私にとってはこの曲でのHoldsworthのギターソロが彼のベスト・プレイです。ギターが「泣く」とはこーゆーことだっ!

ΕΙΜΑΙ ΕΔΩ(俺はここだぜ)

karafotis_eimaiedos.jpg
またまたギリシャから大型新人!?「FAME STORY」出身のΚΩΣΤΑΣ ΚΑΡΑΦΩΤΗΣ(コスタス・カラフォティス)がデビューアルバムをリリース!!
人気シンガーのペギー・ジーナも参加しとるうえ、なんと曲は全て私の大々フェイヴァリット・シンガー&作曲家のアンドーニス・ヴァルディスではないか。これだけで購入決定です。(ヴァルディスについては拙サイト参照ください)

Eenmansoptocht(One Man Parade)

vissers.jpg
flairckの唯一のオリジナル・メンバーでギタリスト(まあ実際は弦楽器全般やけど)のErik Visser初のソロ。タイトル通りの「ソロ」ギターによるアルバムで、アイルランドでは定番のオキャロランナンバーやらバッハの「目覚めよと呼ぶ声あり」などをやってます。何曲か試聴しましたが、超絶技巧満載かと思いきや結構気持ちよく聴けます。まあ気持ちよく聴かせるってのもひとつの超絶技巧なんでしょうが…。それにしても本家Flairckはどーなっとるんだ(笑)。

Up & Down

upanddowns.jpg
オラシオさんのブログ、「オラシオ主催万国音楽博覧会」で紹介されてた1枚。ブルガリアのピアニスト、ミルチョ・レヴィエフとベーシストのデイブ・ホランドのデュオ盤。もうそそるそそる。

Iannis Xenakis: Psappha; Rebonds A & B; Okho pour trois djembes

xenakis_cd_dvds.jpg
ギリシャ人現代音楽家としては最もメジャーな人と思われるイァニス・クセナキスの代表的打楽器曲のCDがなんとDVD付きで出てます。特にRebondsは好きな曲で、去年ギリシャから帰ってきたその足で大阪から滋賀まで生演奏聴きに行ったくらい。初めて聴いたのが'94年頃の某大学の定演のことでした。たぶんこれがギリシャ音楽初体験やったんかな(笑)
3つのジャンベの為の「Okho」もええ曲です。

Life Begins Again

jimmychambelins.jpg
Smashing Pumpkinsのドラマー、Jimmy Chamberlinのバンド、Jimmy Chambelin Complexのアルバム。
先日レコ屋のぞきに行った時店内でかかっていて「なんじゃこれはー!!」と思ったらこれでした。Smashing Pumpkinsはオルタナバンドくらいの認識しかなかったんですが、これ、ジャズロックやん!!アラン・ホールズワースとかカンタベリー辺りの香りがスギ花粉どころやなしに鼻腔をくすぐりやがるー。(ちなみに私は花粉症のツラさがわからない…)

Bulgarian Wedding Music From The Last Century

trifons.jpg

ノルウェーのバンドやのにバルカン音楽が主なレパートリーというけったいな、それでいて超絶的なバンド「FARMERS MARKET」のサックス奏者で唯一バルカン出身のTRIFON TRIFONOVがソロ出してました。十八番のブルガリアン・ダンス音楽集のようです。
厚紙ジャケでおなじみのWinter&Winterレーベルからのリリースですが、日本盤も出てます。(というか店頭で見て知ったんやけども)

FARMERS MARKETの方も4/9新宿ピットインにて早くも3回目の来日公演。
ええかげん大阪にも来てくれよっ!!(初来日はわざわざ東京まで見にいったのだった)
それにしてもFARMERSといいFRIFOTといいMOZAIKといいなんでこの時期に集中して来日するんじゃ~(泣)

AIREA

aireas.jpg

バスクのアルボカ(ダブルリード2管の角笛)奏者IBON KOTERON(イボン・コテロン)の最新アルバム。
かなりおもしろそう。
アルボカってのは聴いてみると音色はかなりバグパイプに近いみたいやけど演奏的にはヴァイオリンのダブル・ストップ(重音)奏法だとか、右手でリズムを刻むハーディーガーディーのような気がした。
ゲストには同じバスクのKEPA JUNKERA(トリキティシャ、チャラパルタ)、GILLES CHABENAT(ハーディーガーディー)、ANDREA PISU(ラウネッダ)、ROSTON KUCHICHIAN(デュデュク)などが参加。

ギリシャから気になるポップ新譜3点

・ΓΡΗΓΟΡΗΣ ΠΕΤΡΑΚΟΣ(グリゴリス・ペトラコス) / ΣΥΝΟΡΑ ΑΝΟΙΧΤΑ(シノラ・アニフタ)
petrakos.jpg

・ΦΩΤΕΙΝΗ(フォティニ) / ΦΩΤΕΙΝΗ
fotini.jpg

・ΜΕΛΙΝΑ ΑΣΛΑΝΙΔΟΥ (メリーナ・アスラニドゥ) / 3 ΕΥΧΕΣ(トリス・エヴケス)
aslanidou.jpg

グリゴリスとフォティニはギリシャのTV番組「FAME STORY」(まあ「スター誕生」とか「ASAYAN」みたいなもんか)出身。グリゴリスの1stは私のサイトでも絶賛の極上ポップやったんでこの2ndも期待大。(私による1stのレビューはこちら)

フォティニは3曲入シングルで、ソロ名義ではデビュー作。同じFAME STORY出身の人気シンガー、NINOとのデュエットもあり。(先のグリゴリスの1stでも1曲デュエットしてたんやけどこれがまたええ曲でした)澄んだええ声してるシンガーなんでこれも期待。

アスラニドゥも 3曲入シングル。えらくハデなルックスになったジャケ写を見るとちょっと内容は不安やねんけど…。
去年はエレフセリア・アルヴァニタキやらヤニス・コツィラスのツアーにサポート・ゲストとして参加していて、アルヴァニタキのライヴで生で見たりしたのでちょっとヒイキ(笑)してるシンガーです。
(私によるアルバムレビューはこちら)

ΑΚΡΩΣ ΑΠΟΡΡΗΤΟΝ「SMS」

smss.jpg
去年の暮れに出たギリシャのバンド、アクロス・アポーリトンのたぶんデビュー作。
某所で何曲か試聴してみましたが基本的にはポップロックなんやけど曲によっては結構泣きのシンフォだったりするんで無視できない…。
ヴォーカルの女の子は見た目カワイ子ちゃんタイプだったりしますが、ちょっとエヴリディーキに似たええ声してます。

Enter Alone

enter_alones.jpg
ギリシャのジャズ・ロック・トリオ「Confusion」の2nd。
ギリシャのAllan Holdsworth、アキレアス・ディアマンディスのギターが目玉かな?
チック・コリアの「スペイン」ぽい曲やら4ビートもあったりバラエティさはありそう。
でもジャケはイマイチやなあ。

Tales of the Water

talesofthewaters.jpg
ギリシャのパーカッショニスト/ドラマーのΑΝΤΩΝΗΣ ΠΛΕΣΣΑΣ(アンドーニス・プレッサス) 7年ぶりのアルバム。
メンツが結構スゴい。

ポール・ワーティコ(Dr,Perc) ex.Pat Metheny Group,SBB
アキレアス・ディアマンディス(G) ex.Confusion
タニア・ニコルーディ(Vo)
ミーミス・プレッサス(P,Fender Rhodes)
ヨーティス・キオブルツォーグル(B) ex.Humantouch
タキス・ファラジス(P,Acc)
アポストリス・アンスィモス(G) ex.SBB
ヨルゴス・ファカナス(B)
ハリス・ランブラキス(Ney)

などなど現ギリシャフュージョン界のトップ格がズラリ。
ちなみにアンドーニスはギリシャでは超有名作曲家/ジャズピアニストのミーミス・プレッサスの息子。
前作はトロピカル風味の爽やかエスノ・フュージョンちゅう感じでしたが、さて今作は!?

動くArtoがお茶の間で!!

Allan Holdsworth BandやらLevel42でドラム叩いてたゲイリー・ハズバンドが結成したスーパー・バンド、Force MajeureのイギリスでのライヴがDVD2枚組でリリース。

force_majeure_DVDs.jpg

Gary Husband(ds,key)
Randy Brecker(tp)
Jerry Goodman(vln)
Elliot Mason(tb)
Jim Beard(key)
Matthew Garrison(b)
Arto Tuncboyaciyan(perc,vo)

とまあなんとも豪華な面々。特に私が気になるのはPercのArtoなんですな。
もともとギリシャにハマるきっかけになったギリシャのシンガー、エレフセリア・アルヴァニタキのミニ・ライヴ・アルバムで強烈に個性的やったんがArtoのヴォイス(というか口クイーカ)でした。その後ギリシャアーティストのみならずアル・ディメオラやポール・ウィンター、オレゴンなどジャズ・フュージョン系のミュージシャンのサポートもしていることがわかったんですが、こんなバンド組んでたとは。
DRUMMER WORLDというサイトのHusbandのページでたまたま見つけたのですが、動画がダイジェストで公開されていてそれ見て即注文してまいました。Goodmanのディストーションギンギンのヴァイオリンもかっこいい~。